SSBB便り

2013.10.03

古紙回収

静岡県内を走っていると、「古紙回収」の施設が目立ちます。

 

御前崎市のホームセンターの駐車場の一角に・・・

御前崎

 袋井市の生鮮野菜直売場の駐車場の一角には・・・  

袋井

                                                                                      

 

富士市の郊外には・・・  雨が降っても大丈夫です(屋根付き)                                                            富士   

                                                                                         

富士   

 

 

 

富士宮市の郊外には・・・   「道の駅」ならぬ、「こしのえき」

スペースが広く、立派です。

                                                                                                                                       富士宮野中 

富士宮野中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

富士宮市のスーパーの駐車場の一角には・・・なんと、ポイントがつく装置があるのです。

1キログラム1ポイントで、ここのスーパーのポイントカードに加算される仕組み。

よく考えられています。                     

デイズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デイズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「古紙回収が盛ん」と言う前に、静岡県は製紙業がとても盛んなことで有名です。

県内は木材資源が豊富で水の便利な地区が多く、製紙業が盛んになった下地があったのです。

近代製紙工場としては、明治22年に王子製紙が周智郡気多村(けたむら)(現;浜松市天竜区)に工場を造りましたが、

これは日本のパルプの発祥の地とも言われています。

 

そして、明治時代に

・富士郡鷹岡村(現在の富士市)に富士製紙

・佐久間村(現;浜松市天竜区)に王子製紙

・富士郡芝富村(現;富士宮市)に四日市製紙

・島田市に東海製紙

等々次々に工場が開設され、それ以降も特に富士市を中心に県内の製紙業は発展してきました。

 

また、日本は中国、米国に次いで、世界第3位の紙生産量を誇ります。

そして、古紙の回収率はドイツに次ぎ、世界第2位になっています。

  詳しくは次の「日本製紙連合会」のHPをご覧ください。

     http://www.jpa.gr.jp/states/global-view/index.html

 

そんな高い回収率を誇る我国でも、静岡県はかなり進んだ回収方法を採用し、

回収BOXの数も他県を圧倒しているように思います。

 

今回の回収BOXはほんの一部かもしれません。

資源の少ない我国ではこんな工夫は欠かせません。

将来、更に素敵な回収方法が生まれるかもしれませんね。

 

 ※追記 4番目の施設「こしのえき」はネットでも詳しく載っていました。

      http://www.matuoka-shigyo.jp/wordpress/koshinoeki/eki-spot

   これによると、「こしのえき」の設置数は静岡県内だけで90箇所以上もあり、

   じぇじぇじぇ~!!!でした。

コメント

コメントフォーム

(不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

株式会社ユースク

〒411-0044
静岡県三島市徳倉4-11-36
TEL:055-989-0184
FAX:055-988-1085

URL:yusuku.co.jp

カレンダー

«10月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
ページの先頭へ