SSBB便り

2014.10.03.

ダイナ橋

『ダイナ』と聞いて、皆さまは一体何を連想するでしょか?

 

①ウルトラマンダイナ?

②大型バイクのハーレーダビッドソンの人気車種、ダイナ?

③トヨタの小型トラック、ダイナ?

④競馬、第53回日本ダービーの優勝馬、ダイナガリバー?

⑤ディックミネのヒット曲、ダイナ? (これは私がイメージしたもの・・そう、古いです)

 

などなど、各年代層で「ダイナ」を連想するものがいろいろあります。

 

さて、今回のネタ、「ダイナ橋」は静岡県富士宮市内房(うつぶさ)の

稲瀬川(富士川の支流)に架かる県道75号線の小さな橋です。

私が数年前に最初に見た時から、こんな片田舎(失礼!)にアメリカっぽい

カタカナの橋名は一体なんなのかな? ずっと気になっていたのですが、

その理由を知る機会があり、今回このブログに紹介出来ることになりました(エヘン!)

 

とりあえず、橋の写真を見てみましょう。

 

稲瀬川は支流なので、川幅も広くなく、当然橋の長さも長くはありません。(40m弱)

構造的にも、どうってことない普通の橋です。

強いて言えば橋の親柱(欄干の手前にあるごっつい柱)についている

茶娘のフィギュアが可愛いですが、これもどうして茶娘なんでしょうか?

 

ふと、立ち止まってみたくなる、とても愛らしい茶娘です。

 

では、本題の「ダイナ」の由来を発表いたします。!!!ジャジャ~ン!!!

1952年(昭和27年)6月、大型台風2号・・・別名「ダイナ台風」・・・が襲来。

旧・芝川町(現;富士宮市)内房地区はその豪雨の為に川が氾濫して、稲瀬川に

架かる多くの橋が流失したとのこと。新しく橋を架け替えた時に、その台風の

名前を拝借して「ダイナ橋」としたわけです。納得。

橋歴板には「竣工平成6年3月」となっていますが、初代「ダイナ橋」が老朽化したため、

42年後に現在の橋(2代目)に架け替えられたとのことです。

 

それから、茶娘ですが・・・次の写真はこの橋の袂(たもと)にこんな工場があります。

 

「農業構造改善事業内房茶筍加工場」と書いてあります。つまり、お茶と筍(たけのこ)を加工する

工場があるわけです。そんなことで、地場産業のお茶に関連付けたイメージキャラクターとしての

「茶娘」だったわけです。

しかし、時代が変わり、その加工場は別会社(Google地図によると「富士サステック」)となり、

今では製茶業はやっていないようです。

 

こんな歴史があったんですね。当時と現在とではいろいろと変わってしまうことが多いですが、

ちょっとした手がかりから意外な昔を垣間見たような気がした「ダイナ橋」でした。

                                   

                                           【S.H】

                                          

株式会社ユースク

〒411-0044
静岡県三島市徳倉4-11-36
TEL:055-989-0184
FAX:055-988-1085

URL:yusuku.co.jp

カレンダー

«10月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ページの先頭へ