SSBB便り

2014.05.05.

サントリー 工場見学

 

サントリー白州蒸留所山梨県北杜(ほくと)市白州町にあります。

このGWに白州蒸留所の工場見学に行ってきました。

参加者の各グループ(20名くらい)毎にちゃんとイケメンの専属ツアーガイドがついて

ウィスキーが出来る工程順に要所要所で説明してくれ、約1時間の興味ある見学会でした。

 なお、動画はNGですが、静止画はOKとのことで、以下の写真を撮らせてもらいました。

 

最初は工場(建物)の入り口・・・ツアーガイドの案内でここからみんなでぞろぞろ入っていきます。

 

 

入口を入ると、エントランスホールにはこんな案内板が・・・

 

 

そして、ここからイケメンツアーガイドの案内開始です。

マイクを使って館内にあるスピーカーからガイドの説明が聞こえるので、とても解かり易かったです。

 

 

ウィスキーの製造工程は、おおまかに

①製麦・・・大麦を発芽・乾燥させ麦芽にする。

②仕込み・・・麦芽を細かく砕き、温水と共に仕込み槽に入れ、時間をかけて麦汁をつくる。

③発酵・・・麦汁を発酵槽に移し、酵母を加え発酵させる。

④蒸溜・・・発酵した麦汁を蒸溜釜で蒸溜し、モルトウィスキーにする。

⑤貯蔵・・・モルトウィスキーを樽詰めして何年も貯蔵庫で熟成させる。

 

ということですが、この工場見学では②~⑤を見せていただきました。

 

 

先ず、②『仕込み』の風景

 

 

次は③『発酵』のスペースで、木製の桶を使っています。発酵の自然発生熱のせいか、ここはとても暑い。

 

 

次は④『蒸溜』です。  真鍮製の蒸溜釜がきれいです。

 

 

ここまででこの工場はおしまい。で、次の場所へはちょっと離れているのでバス移動です。(スゴ~イ!!)

 

 

着いた所は・・・『貯蔵庫』です。

この建物に入った途端、その「涼しさ」と「木の香り」「アルコールの匂い」でお酒に弱い人は

飲まずして酔ってしまいそう。

 

何段にも積み重ねた原酒が入った木製の樽は数えきれません。

それぞれの樽の蓋には製造年が書かれていますが、この樽は「1973」・・・ということは41年前のもの。

 

市販されているサントリーの高級ウィスキーは「山崎25年」や「白州25年」がありますが、

この写真の「41年もの」は一体いつどんな銘柄で使われるのでしょうか? (聞きそびれました)

さて、見学は以上で終わりです。帰りはまたバスに乗って元の場所へと戻るのですが、

最後にご褒美(?)の試飲会があります。

出発地近くにあるゲストルームできれいなおねえさん達のサービスで

「ハイボール」や「水割り」がいただけるのです。おかわりOKです。

 

ただし、運転する人(私もそうです)はソフトドリンクのみです。

見学申し込み時にこのタグをず~っと首からぶら下げているのです。

いよいよ飲めるぞ~!

 

見学自体は移動が多く、けっこう疲れるものでした。

が、しかし、、、この試飲会(20分位)で「心も体もリフレッシュ」です。

凄~く美味しかったです。おねえさん、ありがとう。そして、ごちそうさまでした。

以上で、工場見学会は終わりですが、すぐ隣の建物は「ウィスキー博物館」になっており、

そちらも入ってみました。

 

まず、サントリーの創業者「鳥井さん」のご挨拶の動画が来館者を出迎えてくれます。

そして、ウィスキーにまつわるうんちくやサントリーのウィスキー造りの歴史が

かなり詳しく展示されています。もう、ここで説明するのは不可能です。

 

是非、皆様も機会を見つけ足を運んでみてください。きっと満足すること間違いなしです。

私にとってもよいGWの1ページとなりました。

参考にサントリー白州工場のH.Pはこれです。

  www.suntory.co.jp/factory/

                                         【 S.H 】

 

 

株式会社ユースク

〒411-0044
静岡県三島市徳倉4-11-36
TEL:055-989-0184
FAX:055-988-1085

URL:yusuku.co.jp

カレンダー

«5月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ページの先頭へ