SSBB便り

2019.08.20.

地球深部探査船【ちきゅう】

  

静岡市の清水港が地球深部探査船『ちきゅう』の母港になっているのは意外と知られていません。

しかし、この数年(?)清水港の近くを通ると、あののっぽの鉄塔を備えた『ちきゅう』を見ることが多いのは気が付いていました。

 

そこで、今回は近くまで行ってこの眼で見たくなり、係留されている岸壁、興津第2埠頭へと入って行きました。国道1号本線(高架道)の下を走る清水港に向かう道路に「興津第2埠頭」の標識があるので、ここから進入です。

  

 

 

埠頭へ進入するとすぐに正面右方に巨大な鉄塔が見えます。これが『ちきゅう』です。「おお~!」

 

 

 

埠頭を進入していくと、埠頭の場内はコンテナの集積場にもなっており、凄い特殊運搬車が、コンテナを移動する作業をしていて、近づくのはちょっとためらわれます。

 

 

このコンテナヤードも過ぎると、その先右手に『ちきゅう』が見えてきます。

 

 

 

ま近で見ると、その巨大さに圧倒されます。全長210m。鉄塔の高さ(水面から)100m以上(船底から130m)

 

  

船体中央部の後方には、まるでガンダムにでも出てきそうな巨大な折り畳み式クレーンの黄色いアームが見えます。

 

 

 

通常は関係者以外は『ちきゅう』の岸壁には入れないので、フェンス越しの見学でしたが、念のために帰り際に岸壁に入る通路にいる警備員に「一般車はここから先には入れないのですね」と尋ねたところ、この先どころか、「この埠頭全体に入ることが出来ない」とのこと。それを聞き、少々慌てました。改めて埠頭入口で看板を確認して納得。いけないことをしてしまいました。スミマセン。

 

 

 

この埠頭を後にして、隣の港湾施設の某会社敷地からは別の角度から『ちきゅう』全体が見えました。

 

 

 

この『ちきゅう』は国立研究開発法人 海洋研究開発機構(JAMSTEC)が所有する、海底下をより深く掘削するために2005年7月に導入された世界屈指の調査船です。『ちきゅう』のホームページから、構造とスペックの表を抜粋します。

ちきゅう 概要
ちきゅう スペック (1)

 

 

 

『ちきゅう』のホームページで詳しいことが分かります。なお、この中の「よくある質問」ではQ&A方式で興味深いことが沢山掲載されています。

   www.jamstec.go.jp/chikyu/j/about/ 

 

清水港のホームページではまた別の角度から『ちきゅう』のことを知ることが出来ます。

   www.portofshimizu.com/清水港の概要/地球深部探査船-ちきゅう/

 

また、不定期ではありますが、船内見学会の催しがあります。最後はH29.12.23~24でした。興味のある方は各ホームページでチェックしてみてはいかがでしょうか。

  

なお、通常は埠頭へ入って『ちきゅう』を見学することは出来ないことを、あらためて申しあげておきますので、ご了解願います。

                                               By【S.H】

2019.07.22.

道の駅 なんぶ

  

山梨県南部町の国道52号線沿いに去年7月『道の駅なんぶ』がオープンしました。

ここは関東地方に分類されますが、新東名・新清水ICから国道52号で約30分。

中部横断自動車道・富沢ICからは、僅か10分程度で行けます。

つまり、関東地方でありながら、静岡県北隣りの山梨県の最南端に位置するので、静岡からすぐの所です。

オープンして1年を経過したこの『道の駅南部』にやっと行ってきました。

 

 

 

国道52号沿いに建っている真新しい標識

 

 

 

施設の外観です。屋外のテント地シートの大型屋根が従来にはあまりない大きな特徴です。

炎天下や雨天時には、利用者にとって大いに助かります。

 

 

 

今日は、この大屋根の下では山梨特産の桃やプラム、スイカ等が沢山販売されていました。

 

 

 

そして、桃の食べ放題(料金は一人300円)コーナーがあるのは、さすが山梨です。これには感激! テーブル中央に置いてある「桃の山」から自由にとって自分で皮をむいて食べたいだけ食べる。凄いです!

 

 

 

道の駅の中核を成すお店は、静岡県三島市にある『伊豆・村の駅』と同じ経営者が運営する『なんぶ・村の駅』と称し、「体感型」食のテーマパークというコンセプトの店作りになっているので、食材がメインの品揃えになっています。その為か、多くの試食・試飲コーナーがあり、味見をするだけでも楽しくなってしまうのは嬉しい限りです。

  南部茶のお茶饅頭の試食品

     各種漬物の試食品

  ごぼうのスープ その他の試飲

     黒豆茶 その他の試飲

 

 

 

 

この他にも紹介しきれないほど沢山の食品類が展示・販売されていて、ウィンドウショッピングが楽しくなること請け合いです。写真は撮りそびれましたが、「南部よろこび茶食堂」という飲食コーナーがあり、スイーツプレート、ソフトクリームを始めとするカフェのようなメニューと「茶そば」「茶飯」などの創作グルメやもつ煮、すき焼きなどの本格ご当地グルメが味わえます。

 

また、奥州有数の大名;南部氏の発祥の地としても知られる、ここ南部町ですが、この道の駅には、氏が馬に乗った銅像が設置され、また「南部氏展示室」を併設して、南部氏の歴史を知ることが出来ます(入場料無料)

奥州藩(今の岩手県)が出来た、いわれのある所だったのです。

 

 

 

関東と中部の境目にある「道の駅なんぶ」・・・なんか面白そうです。

遠いようで結構近い。時間があったら、是非足を延してみたらいかがでしょうか。

道の駅南部のH.P.  michinoeki-nanbu.com/about/index.html#guide01-a

                                                                                                             By【S.H】

 

2019.06.22.

アロワナ【熱帯魚】

 

 数ある熱帯魚の中でも、アロワナは淡水域に生息する大きくなる古代魚として、人気があります。そして、焼津市の内田測量設計事務所の事務室に体長約70 cmの大きなアロワナが大事に飼われています。

この水槽は横幅2m、高さ60cmの個人宅用としては結構大型のもので、いつ行っても水槽はきれいになっていて、このアロワナ君は気持ちよさそうにゆったりと泳いでいます。

続きを読む

2019.05.20.

排水管の中になにか・・・PartⅡ

  

昨年11月に載せた記事の続きです。

前回では、桝の上流側の排水管(暗渠の塩ビ管)の中の根っこを抜いたのですが、下流側の配管内の根っこはびくともしない状況で、作業を諦めて次回は最悪塩ビ管を掘り起こし、途中を切断して根っこを出そうという覚悟でいました。

そして、今回そのような準備をして臨んだわけですが・・・。さて、どうなったことでしょうか?

 

 

先ず、桝の蓋を開けたら、水がいっぱい入っていたので、それをペットボトルを切って作った器をひしゃく替わりにしてバケツも使い、中の水を管底まで汲み出したらこんな状態です。汲み出すのに、結構時間がかかりました。30分以上です。

3 水抜き後

 


次に、桝の周りを掘ると・・・、根っこが絡んだ状態がよく分かります。

4 桝回り

 

 

 

前回はこの塩ビ管内の根っこが全く抜けずに諦めた場所です。

なので、今回はこの桝の外10cm位のところで、この塩ビ管をノコ切断しました。

6 管切断

    塩ビ管を切断した状態です

塩ビ管内のびっしり詰まった根っこをとりだしました。

 

 

次に、この塩ビ管の先、2m位のところも切断。

 

 

 

写真や動画は撮りそびれましたが、最初はこの中の根っこを抜くために、トコロテンを押し出すような要領で、桝から遠い方の切断面から太い竹棒で力いっぱい押してみたけど、全然ダメ。

次に、桝に近い方の部分をドライバー等でつついて、柔らかくしてから根っこの芯をペンチで挟み、力いっぱい引いてみたら・・・こんな風に抜けてきたのです。赤黒い棒のようなものが根っこの塊です。感激!!!

 

 

 

残りの半分は塩ビ管は埋まったままで、根っこの芯をペンチで挟み引っ張ったら、びっしりという感じではなく、ぺたーっとした感じで。、意外と簡単に抜けてきました。

 

 

やっとこれで念願成就。根っこが全部抜けました。

後はカインズで買ってきたソケットを使い、2カ所の切断箇所を接続です。

そして、埋め戻して完成。1日掛かりでした。めでたし、めでたし。

 

 

 

去年の11月にも見て頂いた方々には、特に意外だったことはないと思いますが、初めて見て頂いた方々には「なんだこれは?」というインパクトはあったと思います。

自分の家でこんなことにならないよう、2~3年に一度は桝の蓋を開けて中を点検して、大事に至らぬよう注意してくださいね!

                                           by【S.H】

 

2019.04.22.

日本平夢テラス

 

昨年11月3日にオープンした静岡市にある日本平夢テラスに先日行ってきました。
本当は、オープンしてすぐにでも行きたかったのですが、とても混んでいるとの情報で、行くのはとうとう年を越してしまいました。

 
行くなら、天気のいい日に・・・と某日の朝、確認してから我が家から1時間弱の日本平に向かったわけですが、平日にも拘わらず、なんと観光客の多いこと。いまだに人気は衰えていませんでした。

 

 

上の写真は夢テラス建物の入口横の壁に書いてある施設名『日本平夢テラス』の表示ですが、おしゃれ過ぎて、ここに書いてあること、つまりその存在に気が付きませんでした。我々高齢者の目には優しくないのはチョット頂けない感じで、「入口はどこ?」という雰囲気なんです。

 

最初からケチをつけてしまいましたが・・・、あとはいいところばかりです。

 

建物は3階建てになっていて、1階は日本平に関する歴史や文化が最新の技術で展示されているのが目を惹きます。そして2階には総ガラス張りのおしゃれなカフェテラスで、コーヒーを頂きながら外の絶景を楽しめる趣向になっているのです。田舎者には(いや、都会の人たちにも)堪りません。

3

 

 

3階に上っていくと、この施設の最大の売り『展望フロア』があり、360度の「大パノラマ」です。

このフロアはガラス張りになっていて、その内側からでも外の景色は見えますが、ガラス張りの外側は一周約200mの展望回廊になっていて、やはり外に出てゆっくりと歩きながら景色を眺めるのが一番です。

 

外の展望回廊です。

この回廊の下から見上げた芸術的な木組みの構造も素晴らしいです。

 

 

そして、今回のメインイベント。大パノラマの景色です。先ず富士山方面。

 

 

 

そして、その反対側・焼津方面

 

 

 

夢テラスに隣接するもう一つの大事な施設・・・「テレビ塔」

かつてはNHKや各民放のテレビ塔がこの近くに林立していたものを、今回この一つの「テレビ塔」にまとめたのです。以前に比べてとてもスッキリしました。

 

 

これで、大体の見学は終わりましたが、帰り路の舗道で「赤い靴」の記念碑(銅像)に気が付きました。

 

 

 あの有名な童謡「赤い靴」(♪赤い靴~履いてた~)のモデルとなった少女は、旧・清水市出身の岩崎かよの娘・佐野きみなのです。そういう因縁から、この地にこの銅像が建てられたとのことです。

あの感動的な大パノラマを見た後で、この銅像とその云われを知って、少しおセンチになって帰っきたのでした。

                                            By【S.H】

2019.03.19.

YAMAHAとYAMAHA

  

静岡県内には世界的な企業としての、

楽器のYAMAHAとバイクのYAMAHAの本社や工場があります。

 

楽器のYAMAHAはヤマハ株式会社として、浜松市中区中沢町に

バイクのYAMAHAはヤマハ発動機株式会社として、磐田市新貝に

それぞれ本社と工場があります。

どちらも小生が仕事で時々訪れる地域にあるので、その看板はいつも目にしています。

 

ところで、そのロゴ(会社のマーク)に違いがあるのは気が付きませんでした。

二つ並べてみます。先日それぞれの本社前で撮影したものです。

 

 

今回はクイズになってしまいましたが、さて、どちらがどちらでしょうか?

浜松や磐田の地元の人なら分かるでしょうが、単に静岡県人ではどうかな??? 

 

 

正解は

 

 

 ↓

左が楽器で、右がバイクです。

ヤマハのホームページでは以下のような説明が書かれております。

音叉の先が円内におさまり、YAMAHAの「M」の文字の中央部分が下に付いていない、そしてロゴに使用されている各アルファベットの形が、おのおの左右非対称なのが「ヤマハ株式会社」のロゴマークです(ヤマハ発動機株式会社のロゴの各文字は左右対称です)音叉の先が円内におさまり、YAMAHAの「M」の文字の中央部分が下に付いていない、そしてロゴに使用されている各アルファベットの形が、おのおの左右非対称なのが「ヤマハ株式会社」のロゴマークです(ヤマハ発動機株式会社のロゴの各文字は左右対称です)

下のロゴの上が楽器下がバイク

微妙ですが、随分違う所があるんですね。

これを知っていれば、世界的に賢明な(?)YAMAHAツウになれます。

関連記事が以下にあります。

withnews.jp/article/f0160214000qq000000000000000W00o0201qq000013015A

                                    by【S.H】

 

2019.02.19.

国1静清BP 全線4車線化

 

国道1号静清BP(せいしんバイパス)が昨年12月22日に全線4車線になりました。

 

静岡市清水区興津~駿河区丸子間、全長24.2kmの国道1号バイパスは1968年(昭和43年)に事業化され、段階的に開通されてきて、1997年(平成9年)には大半の区間で暫定2車線で全線開通しました。

 

そして、平面交差で渋滞の名所が各所で発生した時代を乗り越えて、やっと昨年12月に全線4車線(清水の一部を除き全線立体交差で信号機なし)になりました。

 

素晴らしい走行性です   気持ちいです

 

今回開通した丸子トンネル(下り車線)の入口~出たところです

 

3

どうです。真新しい路面と側壁です。

 

 

もう少しで全長約2kmのトンネルの出口です。

 

 

トンネルを出るとすぐに左方に丸子地区への出口があります。

  東海道五十三次の絵に出てくるとろろ汁で有名な「丁子屋(ちょうじや)」は

  ここからすぐです。(約500m)

 

 

さらに約3km先には道の駅『宇津ノ谷峠』(うつのやとおげ)があるので、ここで小休止するのもいいですね。

 

 

バイパスの事業化(用地買収開始)から51年、2車線での全線開通から22年。

凄く長かったです。待ちくたびれました。しかし、最後の開通区間の丸子トンネルが対面通行の時は渋滞していない時でも、大体時速4、50キロだったのが、開通後は80キロ(早い車は100キロ)位で走れるのです。

   あっ、本当は法定速度60キロですから、注意して走りましょうね!

 

仕事でも、遊びでもここを通るのは楽しみです。機会があれば皆様も是非どうぞこの快適さを味わってください。勿論、ただ(無料)ですから・・・。

 

全線4車線開通に関する詳細は国土交通省静岡国道事務所のホームページにも載っています。 www.cbr.mlit.go.jp/shizukoku/

                                                 by【S.H】

2019.01.21.

急傾斜専用重機

  

こんな凄い重機(ユンボの改造車)を初めて見ました。

「パット見」は特にそんなに凄いとは思えません。

 

もう少し、よく見てみましょう。

  

 

普通のユンボには付いていないワイヤーを巻き取るドラムがあります。

 

 

後ろの崖のように急なコンクリート製の壁(フリーフレーム工法)を造る前に、この重機で山を削って道を広げているのです。

 

 

山を削ってその土をダンプに積み込んでいるところですが、山を削っている作業を見てはいたのですが、残念ながらその写真は取り損ねてしまったので、替わりにこの重機を持っている会社、大昌建設㈱のホームページの写真を流用させてもらいます。

 

 

 

どうです。凄いと思いませんか。どんな急な斜面でもワイヤーを使ってどんどん登って行き、そこで運転席は水平になるような仕組みになっているのです。

因みに、この重機の名前は『ロッククライミングマシン』と言い、重機の型番はRCM〇〇型 のようになっています。

 

そんな凄い作業の動画がこの大昌建設のホームページにいくつもUPされているので、興味がある方は次のアドレスで見てみてください。

    www.taisho-kk.com/technical/slopdigging.html

 

 

さて、この工事をしている場所は静岡県富士宮市の山奥の県道75号線で、静岡県の富士土木事務所の管轄で施工中です。

 

現在はとても狭い道路で車がすれ違い出来ないので、道を広げる工事をしている訳ですが、県の予算の都合で、今年度の分では全部が終わらず、多分来年度の予算で残りの部分(50~80mくらい)を施工するようです。
なので、もう暫くはこの特殊重機の活躍は見れませんが、来年度のいつかまたこの重機は見れるはずです。

 

 

工事看板に書いてあるように、施工は地元の会社「地成建設」ですが、この特殊な重機は千葉県長生村にある「大昌建設」が造り、持っていて、下請けとして施工しているのです。凄いですねえ。大昌建設さん。こんな会社(重機)があったんだぁ。

今度工事する時にはじっくり見学したいものです。

                                                      By【S.H】

                                      

2018.12.22.

小水力発電『日本一』の【富士宮市】

 

私の住む静岡県富士宮市が日本一の小水力発電のまちだったことを

つい最近知りました。

水瓶を持ったイラストの水神を上部に配した高さ3.5mの看板です。

 

 

  県道の歩道橋の横断幕にも・・・

   『日本一の小水力発電』をPR

 

 

 

そもそも『小水力発電』とは何かと言うと・・・

ダムのような大規模な施設を使用せず、中小河川や用水路を利用して行なう小規模な水力発電です。

川や水路を流れる水の力でタービンを回して発電し、発電量が1,000Kw(キロワット)以下の施設が小水力発電所です。

 

富士宮市はこの小水力発電所の数と最大発電出力の合計がダントツで日本一なのです。次はそのランキングのグラフです。

どうです。上のグラフを見ると一目瞭です。

富士宮市内にはダムを造るほどの大きな河川はありませんが、富士山の伏流水のお陰で安定した水量があり、古くから小さな川や用水路を利用した水力発電が行われてきたのです。

市内の家庭に初めて電灯がともったのは潤井川(うるいがわ)の水を使った水力発電の電気で、今から丁度110年前の1908年(明治41年)のことだったと言うことです。

 

 

次の写真は使用開始が1930年(大正5年)ですが、リフォームして一昨年の平成28年に運転を再開した白糸発電所です。

東京発電㈱は東京電力の100%子会社で、小水力発電が主体の会社です。

ここの発電所の概要が書いてあります。

 

この発電所の裏(上)の方には送水用のかなり太いパイプがありました。送水管のずうっと先には芝川から水を取り入れる取水堰があります。

 

 

この送水管の先(下方)の発電所に水が流れていきます

この送水管の先(上方)から芝川の水が流れてきます

 

 

また、送水管の途中には水路内のごみをとる装置やそのごみをストックしておく施設もあります。これはリフォームしていないみたいで、かなり年季が入っています。

    水路のごみをとる装置

『水路塵芥置場』の看板です。ここにトラックが入り、ごみを積み出すのです。

 

 

先日の12/13~15には富士宮市で『第4回全国小水力発電大会in富士宮』が開催され、「未来を照らす、地域の水の恵み」をテーマとして、産官学民の垣根を越えて、発表や議論が繰り広げられたり、発電所の見学会などが模様され、かなりの参加者で大盛況のようでした。

 

富士宮市内には新たに4か所の小水力発電所の建設を予定しているとのこと。

自然に優しく、昼夜年間を通じて安定した発電が可能な経済性の高いこの種の発電所はこれからもっともっと増えた方がいいと思います。

 

全国小水力利用推進協議会のH.Pでは更に分かり易い説明がご覧いただけます。

      j-water.org/about/

また、YouTubeでこの白糸発電所の動画も見れます。どうぞご覧下さい。

        www.youtube.com/watch

                                          By【S.H】 

2018.11.21.

排水管の中になにか・・・

 

自宅の庭の地中の排水管に凄いものが入っていました。

 

 

屋根の雨水が竪樋を通ってこの桝に入ってくるのですが、5年位ぶりにこの蓋を開けたら最初は真っ黒い水と泥が詰まっていて、すこしずつその泥をスコップで取り出したら、横引きの塩ビ管(Φ125)内にこんなものが入っていたので、端をロープで縛り、少しずつ引っ張り出した次第です。

 

 

 

この写真でこれが何か分かるでしょうか?
ベニカナメの生垣の根っこなんです。チョット信じがたいものです。

  

 

太さは塩ビ管の内径Φ125、長さが隣の桝までの間隔5mです。

桝から引きずり出した状態の根っこ。

取り出した根っこはこの桝に接続してある上方の塩ビ管に入っていたもので、その少し左側の細い塩ビ管は竪樋からのものです。

 

 

桝の外側の右斜め下側に見える物が生垣からの根っこで、これが桝と横引き管の接続部の隙間から入り込み、どんどん成長していった訳です。

 

また、写真には写っていませんが、桝の下方に接続してある塩ビ管内にも同じような根っこが入っていますが、しっかり成長していてどんな風に引っ張ってもびくともしません。

 

いろいろ考えましたしたが、埋まっている塩ビ管を途中で切断して、根っこを取り出す以外方法がなく、いつそれをやろうか思案中です。

  

 

このようにして植物は着々と生きているんですね。この生命力には感服です。

こんな風になる前に気が付けば、僅かな手間で済む済むところ、今回は写真では伝えられない多大な労力を費やしました。

皆様は、たまには(2~3年に一度)雨水管、下水管を点検しましょう。

                                                      by【S.H】

 

  1 / 12  次のページへ

株式会社ユースク

〒411-0044
静岡県三島市徳倉4-11-36
TEL:055-989-0184
FAX:055-988-1085

URL:yusuku.co.jp

カレンダー

«8月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ページの先頭へ