SSBB便り

2020.06.22.

シェーバー

 

男性には必需品のシェーバー、いわゆる「髭剃り」。いろいろな髭剃りがありますが、今回はシャボンをつけて剃るカミソリの「髭剃り」ではなく、主に電動式のシェーバーを特集しました。

  

 

小生が中学校の頃、つまり50年以上も前に初めて使った、カミソリではないシェーバーで、「ローラー髭剃り」です。これはもう手に入れるのは難しいかも。当時は「これは凄い! シャボンも電気も要らないスグレモノ」と評判でした。

1 ローラー髭剃り

 

 

 

次に使ったのが、回転刃式シェーバー。当時はこれが一般的でしたが、同時に往復式も人気がありました。

2 回転刃式

回転式は振動が少なく、値段も安かったので、人気が高く、今でも人気です。

3 往復式ブラウン

ブラウンが代表格の往復式。丈夫さで人気でしたが、手に伝わる振動を嫌う人も多いです。

 

 

 

次に出て来たのが、日立のロータリーシェーバー。これは往復式の場合と同じ肌への接触面なのに、内刃は往復ではなく、回転式なので振動が少なく、使い心地がいので、小生は暫くこれを愛用。

4 日立ロータリー

 

 

 

しかしながら、ロータリーの内刃の構造が変更されてからか、値段がかなり高価(amazonで2万円以上)になったため、二代目のロータリーシェーバーになった時には、それを購入せず、日立の往復式シェーバー(4千円台)に買い替えた次第です。下の写真は発売当初と、二代目の内刃です。

5 ロータリー内刃

初代の内刃はこのような、らせん状の刃が付いたものでした。

6 ロータリー内刃(新)

こちらが二代目(現在)の内刃で、ドラム状の網目の刃が回転する構造です。

 

 

そしてつい最近、往復式も壊れ、と言うより内臓の充電式バッテリーがダメになり、新しいものに買い替えるに当たり、今まで使ったことがないタイプのものを選んだ結果が、フィリップスの3ヘッドの回転式シェーバーでした。これを選ぶに当たり、かなり勇気が要りましたが、使った結果はその不安は吹っ飛ぶほどの使い心地で、大正解でした。

7 フィリップス

 

 

上の写真はNETから拾った一般的なフィリップスのシェーバーで、値段を含めいろいろなものがありますが、基本的には構造やデザインは同じです。
次に実際に小生が使っている機種の関心した点をお伝えしましょう。

      平常時の外観

内臓バッテリーの電気がなくなってくると、オレンジ色のマークが点灯します。

充電が完了すると、白い表示に変わります。光っているのではなく、新鮮です。オレンジにしても白にしてもLEDで光る国産のものとは雰囲気が大分違います。

充電する際のケーブルです。100ボルト用のアダプターは国産と違って、かなり小さいのはとても使い勝手がいいです。

プラスチック製のカバーを外したところ

カバーを外す要領で外刃を簡単に開けることが出来、使い終わった後は時々こうして付属のブラシで内部の掃除をします。

 

 

56年に亘る小生のシェーバーの歴史で、やっと自分に合ったシェーバーを見つけたと言って過言ではありません。

シェーバーが肌に当たった感じは、回転式は「大きな点」、往復式とロータリー式は「太い線」。そして、フィリップスは・・・「赤ちゃんの小さな手のひら」で
フワッとした当たりが気持ちよく、剃り残しが殆どないのがとてもいいです。勿論作動音や振動も小さいし。

 

まるで、小生がフィリップスの回し者みたいな褒め方ですが、正直な感想です。家電品売り場で各メーカーのシェーバーが展示されていますが、そこで手に持った感じは十分分かっても、実際に肌に当てて剃ることは滅多にできません。

 

余談ですが、シェーバーに関してはどこのメーカーも部品(替え刃やバッテリー)を買い替えようとすると、その部品の値段で新しいシェーバーが買えるという不合理性にいつもいら立ちを感じます。何とかならないものでしょうか。

 

男性だけでなく、女性が男性にシェーバーをプレゼントする際の参考にしてください。

                                             By【S.H】

2020.05.21.

白い花

春の始めには色とりどりの花が咲き乱れていましたが、この時期(5/21現在)になると、「色とりどり」が一段落して、白い花が目立つようになりました。今まで見慣れていたその白い花はなんという花なのか、改めて調べてみました。今回紹介する花は小生の住む自宅を含め、富士宮郊外でよく見かける花ばかりです。

 

今回、草花3点、木の花8点、合計11点を取り上げました。

先ずは草花3点、最初は【シラン】(紫蘭)の白花です。

この花は花の名前のように一般的には「紫」が多いですが、白花もあります。

 

 

次に、【シロツメグサ】(白爪草)

子供の頃には、これで花冠を作って遊んだ記憶があることでしょう。

 

 

草花の最後は、【トキワツユクサ】(常盤露草)

この植物は、観賞用として昭和初期に南アメリカから持ち込まれたが、現在は多くが野生化している帰化植物で、繁殖力の強さは相当なものらしいです。ウチの周りには今年突然沢山咲き出しています。

 

 

ここからは、木の花です。最初は、【うつぎ】(空木)

この写真の花はまだつぼみの状態で、これが咲くとかなり華やかになります。

 

 

次は、【エゴノキ】

この木は高木ゆえに、その花は下から見上げる状態で、満開の時はその花の数に圧倒されます。そして、雨などでそれが散った後の路上はこの花で真っ白になります。

 

  

次は、【シロヤマブキ】(白山吹)

今回、初めてこの花の存在を知りました。いわゆる「白い花のヤマブキ」ではなく、ヤマブキとは別物の植物です。シロヤマブキは「花弁が4枚」で、シロバナヤマブキは「花弁が5枚」。またシロヤマブキは中心部に黄色い雄しべが多数見られる。 そして、その葉はシロヤマブキは「対生」、シロバナヤマブキは「互生」 です。また、実は シロヤマブキは「黒い実」、シロバナヤマブキは「褐色の実」なのです。 

 

 

次は、【スイカズラ】(忍冬)

和名スイカズラの名は「吸い葛」の意で、細長い花筒の奥に蜜があり、古くは子どもが好んで花を口にくわえて甘い蜜を吸うことが行なわれたことにちなむ。砂糖の無い頃の日本では、砂糖の代わりとして用いられていた。スイカズラの英名ジャパニーズ・ハニーサックル(Japanese honeysuckle)も、花筒をちぎって蜜(honey)を吸う(suck)ところから生まれた名前であるといわれるとのこと。

また、別名を、キンギンカ(金銀花)、ミツバナ、スイバナともいう。葉や中国植物名は、忍冬(にんどう)といい、冬場を耐え忍び、枯れずに残ることからこの名がついています。

木質のつるで、茎は分岐しながら長く伸びて他の植物に絡みつき、他のつる性植物と比べて穏やかに繁茂してゆき、長さは10m ほどにもなります。

 

 

次は、【ナツミカン】(夏蜜柑)

これは、静岡県内ではこの時期には、ミカン類の花共々結構見かける花です。

 

 

次は、【ノイバラ】(野茨)

細かい花が沢山付きますが、枝は棘(とげ)が多いので、要注意。

 

 

次は【ハクチョウゲ】(白丁花)

これも細かい花が沢山付きます。普段は地味な木ですが、開花期は雪が降り積もったようになります。木の高さは1m程度にしかならなりませんが、低く刈り込んで使われることが多いです。開花時期は6月頃なので、英語ではジューンスノーJune snow と言いますが、静岡ではとっくに咲いてます。




最後は、大木になる【ミズキ】(水木)です。

樹高は10~15mにもなる高木で、枝を扇状に四方に広げます。和名は早春に芽をふく時、地中から多量の水を吸い上げることから付けられたようです。郊外の道路を車で走っていると、大きいがゆえによく目立ちます。

 

 

 

いかがでしたか? もちろん、他にももっと沢山の「白い花」はありますが、今回取り上げた「白い花」は皆様の目(記憶)には入ったことがあるでしょうか? この時期ならではの「白い花」、気が付いて楽しんでいただければ幸いです。

                                                 by【S.H】

 

2020.04.22.

トピアリー(庭木の仕立て)

  

トピアリー (topiary) とは、常緑樹や低木を刈り込んで作成される西洋庭園における造形物で、鳥や動物をかたどったり、立体的な幾何学模様を造る庭園技法で造られたものです。15世紀から17世紀のイギリス式庭園では緑の重要な造形としてトピアリーは不可欠となっており、トピアリーは庭師の代名詞ともなったそうです。


その和風トピアリーが静岡県御殿場市板妻の個人宅の庭園にあります。

 

 

 

いかがでしょうか? 2、3本ならともかく、これだけの数と種類のツゲの造形仕立てはなかなか他では見れません。多分何十年もこれを維持してきています。

は、それぞれを紹介していきます。

       帆掛け船

       パンダかな?

     ツルのつがい(その1)

         犬

     親亀の背中に子亀

   ツルのつがい (その2)

 

 

 

結構あります。写真を撮るのにキョロキョロしてしまいます。

さらに続けましょう。

       羽ばたく怪鳥?

      (海の)タコ

  羽ばたく怪鳥?(別の角度から)

   帆掛け船(日の丸の旗付き)

        五重の塔

   ご婦人(ちゃんとふくよかな胸)

      (多分)馬

         ツル

 

 

 以上ですが、なかなか見ごたえがある植木でした。御殿場市板妻の国道469号を走っていると、道路沿いのこの景色が目に飛び込んできます。

今回の写真撮影に際し、当家の許可を頂きましたが、個人宅ですし、見学者用の駐車場はなく車は停められませんので注意してください。

                                                  By【S.H】

 

2020.03.22.

大石寺三門リニューアル

静岡県富士宮市にある『大石寺』の三門が4年前からリニューアル工事中で、その全体を覆っていた覆いのせいで、その作業の様子は殆ど分からない状態でした。

しかし、先月あたりからその覆いが撤去され、つい先日には三門全体が見えるようにうなりました。

 

 

 

実は、2016年10月のこのブログで補修工事の記事をUPしているので参考にしてください。
  https://www.yusuku.co.jp/blog/2016/10/

その時は、こんな風に三門がすっぽりと覆い(と言っても建物みたい)でカバーされていました。

 

 

 

このリニューアル工事は、このお寺(日蓮正宗総本山大石寺)の創立者;日蓮大聖人の生誕800年(来年)を記念しての一大事業なのです。

では、もう少しその出来栄えの様子をお見せいたします。まだ工事中なので、工事車両や重機も活躍中です。

(第一層)下の屋根

(第二層)上の屋根

 

 

 

この周辺からの富士山は見事です。

 

  

 

三門の裏側に行くと、三門を裏側から見えることは勿論、お寺の境内の奥に続く参道の素晴らしい景色にうっとりします。

 

 

 

背中を振り向くと・・・その参道の両側に枝垂れ桜が咲き出し、もう少しで満開を迎えます。

 

 

 

お寺の境内の全体、及び三門の位置を次の看板を見るとよく分かります。

 

 

 

三門は工事中でが、この季節にここを訪れて、境内の凛とした風情や桜と富士山の景色をたっぷり楽しむことができます。桜はこれからが本格的で、境内のあちこちと、駐車場にもなる桜山のソメイヨシノは圧巻です。

                                             By【S.H】

 

2020.02.23.

道の駅 伊豆月ヶ瀬

 

昨年12月14日に、静岡県伊豆市に【道の駅 月ヶ瀬】がオープンしました。

ここは伊豆半島のほぼ中心に位置した、静岡県内では25番目に出来た道の駅です。

オープン当初は大変な混雑だったようですが、今は大分落ち着いてゆっくり休憩出来ます。

1 標識2

 

 

ここは国道414号沿いに面したところなので、わかり易い場所ですが、昨年開通した『伊豆縦貫道 天城北道路(無料の自動車専用道路)』を使えば、三島方面から来た場合、その終点付近にあるので、それを使うと大変便利です。しかし、次の地図に「赤矢印」で示しましたが、終点(月ヶ瀬IC)の交差点の少し手前で左に入るので、要注意です。ここで入りそびれると、あとがややこしくなります。

何を隠そう、小生はここを入りそびれ、月ヶ瀬IC交差点まで行ってしまい、そこを左折し直進したら、道の駅を見失い、暫く走ってUターンして戻ってきた次第です。トホホ

2 地図

 

 

 

ここが駐車場、道の駅本館です。

23 正面外観
24 正面外観2

 

 

 

では、建物に入っていきましょう。入口両脇に買い物かごが積んであって、まるでスーパーみたい。

 

 

 

建物に入って、正面の眺めが凄い。

狩野川の河川敷と、さっき走ってきた伊豆縦貫道のアーチ橋の絶景です。

 

 

 

建物に入って左方向が物販スペースです。この地の特産物が沢山陳列されています。平日にも関わらず、そこそこの繁盛ぶりです。

9 売り場前景

 

 

試食、試飲コーナーがあるのは嬉しいです。

11 わさび売り場

      伊豆特産『わさび』が何種類も

12 シイタケ売り場

   これも伊豆特産『しいたけ』各種

13 お茶試飲

これは「トマトスープ」ですが、他にも何種類もの試飲コーナーがあります。

14 試食

「パンケーキランドグシャ(クッキーみたいなもの」)の試食。凄く美味しかったです。

 

 

 

それと、この地ではつとに有名な小戸橋製菓の『猪最中(いのししもなか)』
勿論、猪の肉が入っているわけではありません。愛らしい猪の形をした古くからある最中です。因みに小戸橋製菓のお店(本店)はこの道の駅から国道を約1.5Km南下した国道沿いにあります。

15 猪最中

 

 

 

店内の片隅に、カフェカウンター『伊豆月ヶ瀬リバーサイドスタンド』があって、ここ独特ののメニューが人気です。

何と、猪最中がトッピングされたソフトクリームがあるんです。

16 カフェカウンター
17 猪最中ソフト

 

  

  

そして、その特製ソフトを買ったら、川沿いに面した休憩スペースで、外の景色を見ながらゆっくり出来るのは最高です。

20 休憩スペース

 

 

 

今までの案内は全て2階でしたが、階下(1階)の「テラスキッチン」は、吹き抜けのスペースで、気持ちのいい空間で、美味しい食事が出来ます。

18 テラスキッチン
19 テラスキッチン2

  

 

 

このテラスキッチンのフロアから表(外)の河川敷ガーデンに出られます。
そして、外からの建物の外観です。

21 外観
22 外観2

 

 

 

いかがでしょうか? まだ行ってない方は行きたくなってしまいますね。

伊豆方面に行った時には、ここで是非、チョット一休みしながら、月ヶ瀬の風情を味わってみてください。

     道の駅月ヶ瀬の公式ホームページは・・・www.izutsukigase.com/   

                                                      By【S.H】

 

2020.01.29.

キャンプカーマガジン Vol.78

 

一昨年の10月、キャンプカーマガジンと『標識の秘密』というタイトルで、キャンプカーマガジンを取り上げましたが、今回は先月12月のものを紹介します。

1 表紙

 

これが今月号(と言っても隔月発行)のキャンプカーマガジンの表紙です。
そして、どんな内容が書かれているか・・・
 
 

中を少し見てみましょう。先ず目次です。

2 目次

 

 

何か気になる項目はあったでしょうか?

 
興味は人によってさまざまですが、今回紹介するのは赤矢印で指してある項目

【旅車サークル ハーブしげるの標識の秘密】です。


何を隠そう、小生が記事を執筆しているコラムです。

 つまり、ハーブしげる=小生【S.H】です。
 

では早速、その記事がある119頁に飛んでみます。

3 問題

問題は読めたでしょうか? 

  (本をコピーしたもので少し写りが良くないので、見にくいかもしれませんが・・・。)

 

それで、①②③のうち、どれが正しいと思いますか?

  ⇓

     

     

     

     

では、答えのページに行きましょう。

4 答え

はい、答えはです。

まり、【Yamanakako】は山中湖村のことを表しているんですね。

「なあんだ、そうだったのか」とか、「そんなの当たり前だよ」とかいろいろだと思いますが、いかがだったでしょうか?  

 

 

上記の記事は雑誌に掲載されたものですが、小生が雑誌社(株式会社マガジン大地)に送った原稿を次に載せておきます。こちらはカラー写真なので、少し分かりやすいかもです。

5 標識の秘密原稿

 

いかがでしたでしょうか? 少し分かりやすかったでしょうか?

道路標識の表示方法は決まっているはずなのに、それを設置した道路管理者(国、市、町、村)によって、時々違った書き方をされていて、私たちを「あれっ?」と思わせます。そんなことがないように、設置者はしっかりした表示方法を確認した上で作って欲しいものです。

車を運転される方々には特に興味を持って見て(読んで)いただけたことと思いますが、運転されない方々はいかがだったでしょうか?

                                                     By【S.H】

2019.12.22.

伊豆波勝崎苑

 

静岡県南伊豆町にある『伊豆波勝崎苑』(いずはがちざきえん)という野猿公園はけっこう有名です。

 

 

 

この施設は1957年(昭和32年)に開園し、野生のニホンザル約300匹を餌付けした「猿の楽園」として親しまれ、観光客も餌やりを楽しむことができることでも人気がありました。


ピーク時の73年(昭和48年)には年間入場者が46万人を数えましたが、90年代以降は減少し、2018年(去年)は最盛期の20分の1の2万人まで落ち込み、厳しい経営状態になっていました。

小生が初めて行ったのは社会人になった直後の1972年でしたから、ピーク時の前年だったのですね。あの頃は確かに結構来園者で賑わっていたのを記憶しております。

 

あれから47年。懐かしさに釣られ、先月伊豆の小旅行をした折に、ここに立ち寄ってみました。しかし残念、閉園しているではありませんか。

 

 

 

閉園でもずっと下の駐車場まで車で入って行けました。サルたちにはそんなこと(閉園)がわかっているのかどうか知りませんが、駐車場のあちこちにいっぱいのサルたちが自由気ままにしていました。

 

 

 

そうなんです。実は今年の9月末で「閉園」、と言うより「休園」することになったのでした。つまり、運営会社「波勝崎苑」の経営難のために別会社への営業譲渡を模索するために休園状態なのです。

 

サルの楽園から人の住む地域にサルが侵入することを防ぐ意味でも、休園していても、サルへの餌やりは欠かさずに行っているとのことです。納得。

そして、南伊豆町役場の観光課に問い合わせたところ、後継会社が現れて現在交渉中とのことで、少しほっとしました。

 

そうしたところ、12/7付けの静岡新聞によると、河津町の動物園「iZoo(イズー)」を運営するレップジャパンが、「波勝崎苑」の運営を引き継ぐ見通しとなったことが分かり、年内にも最終的な契約を取りまとめ、来春以降の営業再開を目指しているとのことです。これで本当に「ほっ!」です。

 

も、同じ状態で開園してはいけません。来園者が「また来たいな」と思ってくれるような新しい施設や運営方法で再開して欲しいものです。

参考に休園前の動画を貼り付けておきます。

www.youtube.com/watch

                                                     By【S.H】

  

2019.11.23.

ユースクの老兵 退官

当社で平成14年2月から使っていた業務用のライトバン、トヨタの【サクシード】

この11月でその役目を終ることになりました。17年9か月という長期間に亘って仕事の大事な『足』となっていた車が無事『退官』です。大した事故や故障もなく、よく活躍してくれました。お疲れさまでした。

 

 

どうです。これがその車です。とても17年以上使った老兵には見えません。新車に近いインスタ映えする(?)くるまです(笑)

 

 

 

ところで、一体どのくらいの距離を走ったのでしょうか?

545,211Kmです。

 

 

 54万5千キロって・・・そんなに走った車は、見たことも聞いたこともありません。

その54万5千キロとはどんな距離なのか、調べてみると、

 

①地球の赤道上を13週以上回ったことになります。

  地球の赤道上の一周は4万77キロ

 

②日本列島(北海道~九州)を90回往復したことになります

  北海道の最北端;宗谷岬~鹿児島県の最南端;佐多岬は約3千キロ

3 日本列島

 

 

 

上の地図に記したように、高速道路では北海道へは直接行けませんが、北は青森中央IC、南は鹿児島!Cまで一般道を通らず走行出来ます。

東北自動車道⇒東名高速⇒名神高速⇒山陽道⇒九州自動車道のルートです。

 

その距離;2,068キロ、所要時間;23時間、料金;27,910円、(但し、普通車でETCを使い割引料金の場合で、割引なしだと4万円)

 

 

さて、次に使ったガソリンは・・・平均10㎞/Lとして、54,520リットル

これはドラム缶(200リットル入り)で272缶。 ドラム缶の大きさは直径60センチ、高さ90センチなので、これを地面に並べると、

  16列×17列=272個・・・9.6m×10.2m、これは約30坪の面積になります。

 

 

いろいろな数字を残したユースクの老兵は先日静かに引き取られていきました。

後継車種はやはりトヨタですが、サクシードとは兄弟車種の【プロボックス】で、ハイブリット仕様です。

 

さて、この後継車は何年使っていけるでしょうか? この車が老兵になる前に小生が老兵となって、静かに身を引くことになるはずです。

 

                                             By【S.H】

2019.10.28.

日本平久能山スマートIC

先月9/14、東名高速に新しいスマートインター『日本平久能山IC』がオープンしました。

従来の清水ICと静岡ICの間に出来たインターです。スマートICですから無人ですが、ETCで大型でも通行可能です。そして、上り下りの両方向から出入り出来る「フルインター型式」です。

 

 

東名本線を清水インターから名古屋方面に走っていくと、日本平PAを過ぎると、間もなくこのような標識が現れます。

1Km先
2出口1
3出口2

 

 

 

また、静岡市街地にはICまでの案内の標識があちこちに建っています。

 

 

 

ここはスマートICを出た所で、外から見た「IC入口」です。

 

 

 

スマートICを出ると、(ICを背にして)前方に見えるのは・・・

 

 

ICを出た周辺は、農作地(畑)のような風景で、現在は特に何もない状態です。

 

ICを出て左折すると、このような方面の標識が目につきます。

静岡大学や久能山東照宮はここから近く、また、国道150号にも出られます。
この界隈は大谷(おおや)・小鹿(おしか)地区と呼ばれ、従来は農地として利用されてきましたが、このICが開通したことで、都市的に利用されることになっています。近い将来には新しい市街地が出来ると思われます。

 

従来の清水や静岡ICからチョット離れたここを使うと、便利なことも多いようなので、これからはよく調べてここを利用するといいと思います。

 

参考;静岡市のH.P https://www.city.shizuoka.lg.jp/930_000017.html

                                             By【S.H】

 

2019.09.26.

御殿場をローマ字で書くと・・・

 道路標識の行先の地名には日本語の下に必ずローマ字でも書くことになっています。

次の写真は御殿場の国道246号に建っている大型の標識で、御殿場の下のローマ字は『Gotemba』となっています。えっ? 『ん』は『n』じゃないの?

 

 

 

では、他はどうなっているのでしょうか? これも『m』です。

 

 

 

ところが・・・

 

 

 

標識ではありませんが、国道246号にかかる歩道橋にも『n』が・・・

  

 

 

どうやら『m』と『n』の2種類の表記があることが判りました。どちらが正しいのでしょうか?

標識のバイブル的な本『道路標識設置基準』によれば、

ヘボン式つづり

上の表『ヘボン式のつづり方』にあるように、『ん』は『n』とするのが正解で、日本国中この方式で表記されています。

 

 

但し、静岡県が制定している『「しずおか公共サイン」における英語表記のルール』によれば、基本的にははねる音「ん」は「n」で表すが、m、b、pの前では、JR駅名や外国語版ホームページなどでmを使用することが定着している場合はmを用いる。

[例] 函南:Kannami 川根本町:Kawanehoncho

[例外]御殿場:Gotemba 蒲原:Kambara 駿府:Sumpu

 

ということで、Gotembaが正解のようですが、現実にはGotenbaも結構存在しています。古い標識では『n』を使っていましたが、新しいものは『m』を使っています。今年はラグビーのワールドカップ、来年は東京オリンピックで静岡が競技会場になっていることもあり、外国人のお客様が多いのは目に見えています。すぐにでもこれを『m』に統一して、外国のお客様を惑わすようなことのないようにしてもらいたいものです。

                                             【S.H】

  1 / 13  次のページへ

株式会社ユースク

〒411-0044
静岡県三島市徳倉4-11-36
TEL:055-989-0184
FAX:055-988-1085

URL:yusuku.co.jp

カレンダー

«6月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
ページの先頭へ