SSBB便り

2022.02.21.

城ケ崎ブルース(昭和歌謡第2弾)

 

昭和43年に発売された、黒沢明とロス・プリモスのヒット曲です。

1 城ケ崎ブルース1

 

 昭和41年にデビュー曲「ラブユー東京」で人気が出たこのグループは、次々にヒット曲を連発していくわけですが、デビュー2年後の昭和43年には、この「城ケ崎ブルース」のほかに「たそがれの銀座」、「ラブユーいとはん」、「恋の銀座」、更に「さようならは五つのひらがな」など多くのヒット曲を出した年です。

 

ところで、この城ケ崎ブルースの舞台となった伊豆の城ケ崎海岸ですが、静岡県伊東市にある名所です。次の地図で確認してください。伊豆半島の東側になります。

3 伊豆半島

 

 

 

♪ゆかねばならぬ 男がひとり ゆかせたくない 女がひとり♪ でスタートするこの曲は、作詞者が星野哲郎ということもあり、城ケ崎海岸にはその歌碑が建っているのです。それも2か所に・・・。 

 

最初に建てられたのは、ボラ納屋付近にあるもの。作詞者名;星野哲郎と3番の歌詞のみが彫られています。

2 ボラ納屋
6 歌碑

    最初に建てられた歌碑      歌詞は何故か3番のみが彫られています

7 ボラ納屋

ボラ納屋(飲食店)の目の前に歌碑があります

 

 

そして、あとから建てられた歌碑は、灯台や吊り橋付近の城ケ崎のメインスポットでもあるし、最初のものに比べデラックスに出来ています。片側に最初の歌碑と同様、作詞者名;星野哲郎とやはり3番のみの歌詞、もう片側には五線譜にメロディーが彫られています。そして、作曲者名;岡野幾生も刻まれています。

4  城ケ崎海岸

左に灯台、右に吊り橋が見えます

5 城ケ崎海岸2

吊り橋は、渡ると、かなり揺れます。この先に灯台。手前に歌碑があります。

7 歌碑

    こちら側には、歌詞

8 歌碑(裏

    こちら側には、五線譜が

 

 

静岡県内には、昭和歌謡や童謡・唱歌の舞台になったところが結構あります。特に伊豆には幾つものスポットがあります。歌謡曲では「湯の町エレジー」、唱歌では「みかんの花咲く丘」を代表に、数々のヒット曲の舞台になった場所があります。ですから、これからの行楽シーズンには、そんな場所を探しながら巡る伊豆の旅に出てみてはいかがですか。

                                             By【S.H】

株式会社ユースク

〒411-0044
静岡県三島市徳倉4-11-36
TEL:055-989-0184
FAX:055-988-1085

URL:yusuku.co.jp

カレンダー

«2月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28      
ページの先頭へ