SSBB便り

2019.07.22

道の駅 なんぶ

  

山梨県南部町の国道52号線沿いに去年7月『道の駅なんぶ』がオープンしました。

ここは関東地方に分類されますが、新東名・新清水ICから国道52号で約30分。

中部横断自動車道・富沢ICからは、僅か10分程度で行けます。

つまり、関東地方でありながら、静岡県北隣りの山梨県の最南端に位置するので、静岡からすぐの所です。

オープンして1年を経過したこの『道の駅南部』にやっと行ってきました。

 

 

 

国道52号沿いに建っている真新しい標識

 

 

 

施設の外観です。屋外のテント地シートの大型屋根が従来にはあまりない大きな特徴です。

炎天下や雨天時には、利用者にとって大いに助かります。

 

 

 

今日は、この大屋根の下では山梨特産の桃やプラム、スイカ等が沢山販売されていました。

 

 

 

そして、桃の食べ放題(料金は一人300円)コーナーがあるのは、さすが山梨です。これには感激! テーブル中央に置いてある「桃の山」から自由にとって自分で皮をむいて食べたいだけ食べる。凄いです!

 

 

 

道の駅の中核を成すお店は、静岡県三島市にある『伊豆・村の駅』と同じ経営者が運営する『なんぶ・村の駅』と称し、「体感型」食のテーマパークというコンセプトの店作りになっているので、食材がメインの品揃えになっています。その為か、多くの試食・試飲コーナーがあり、味見をするだけでも楽しくなってしまうのは嬉しい限りです。

  南部茶のお茶饅頭の試食品

     各種漬物の試食品

  ごぼうのスープ その他の試飲

     黒豆茶 その他の試飲

 

 

 

 

この他にも紹介しきれないほど沢山の食品類が展示・販売されていて、ウィンドウショッピングが楽しくなること請け合いです。写真は撮りそびれましたが、「南部よろこび茶食堂」という飲食コーナーがあり、スイーツプレート、ソフトクリームを始めとするカフェのようなメニューと「茶そば」「茶飯」などの創作グルメやもつ煮、すき焼きなどの本格ご当地グルメが味わえます。

 

また、奥州有数の大名;南部氏の発祥の地としても知られる、ここ南部町ですが、この道の駅には、氏が馬に乗った銅像が設置され、また「南部氏展示室」を併設して、南部氏の歴史を知ることが出来ます(入場料無料)

奥州藩(今の岩手県)が出来た、いわれのある所だったのです。

 

 

 

関東と中部の境目にある「道の駅なんぶ」・・・なんか面白そうです。

遠いようで結構近い。時間があったら、是非足を延してみたらいかがでしょうか。

道の駅南部のH.P.  michinoeki-nanbu.com/about/index.html#guide01-a

                                                                                                             By【S.H】

 

コメント

コメントフォーム

(不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

株式会社ユースク

〒411-0044
静岡県三島市徳倉4-11-36
TEL:055-989-0184
FAX:055-988-1085

URL:yusuku.co.jp

カレンダー

«7月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
ページの先頭へ